ベジタリアンは本当に健康に良いのか

ベジタリアン…最近こういう人が増えていると言います。
理由は美容や健康の為というのがほとんどらしいですが、
本当にベジタリアンというのは美容と健康に良いのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

結論から言うと…
ベジタリアンは体にはあまり良くないらしいです。
確かに、野菜を食べるというのは良いことらしいですが、
人間の体にとって最も重要なことはバランスらしいです。

タンパク質、炭水化物、脂肪という三大栄養素と呼ばれるものがありますが、
これらは野菜からは摂取出来ません。
つまりベジタリアンの食生活って三大栄養素が摂取出来ないんです。
これが体に良い訳ありませんね。

では野菜から摂取出来る栄養素はというと…ビタミンです。
あとはミネラルという乳製品などから摂取出来るものなどがあります。

これを全部含めて五大栄養素と呼ぶらしいですが、
結局のところ、これをバランス良く摂取することが体に最も良いらしいです。

なんか言われてみれば当然と言えば当然のような気もしませんか?
菜食主義って実は健康に良くないんですね。

最近ちょっと体の調子が良くないと思ったり、
化粧の乗りが良くなかったり、疲れが取れなかったり…
そんな時は栄養のバランスが崩れている可能性が高いそうです。

食生活はあくまでバランスを重視する必要がありそうですね。

実は私もベジタリアンは健康に良いと思っていたタイプなので、
今回この記事を書くにあたり非常に勉強になりました。

私の場合はどちらかと言うと肉ばかり食べている方なので、
これからは野菜などをバランス良く食べていこうと思います。

あとはこれに加え、適度な運動と規則正しい睡眠が取れれば文句ないでしょうね。

ちょっとだけ健康志向になった気分です。
明日から実践してみようかな。