日本と海外の美容事情

この前渋谷に行ってきたのですが、日本人の女性は本当に綺麗な人が多いですね。特に渋谷とか新宿は本当にそういう人が多いです。小一時間街を歩いているだけで数人に本気で一目ぼれをしてしまいそうなくらい多いです。

でも…、よくよく見てみると結構皆さん服装だったり化粧だったりが同じ感じなんですよね。これも一つの日本の文化と言えばそれまでなんでしょうけど、なんだかそれはそれで寂しい感じもしてくる訳です。だってみんな同じ顔なんですから。

ネットなどで化粧をとった顔とのビフォーアフターなんかを見たことがありますが、うーん…という感じです。ちょっとした詐欺にでもあったような感じになってしまいます。それほど今の人の化粧スキルというのは凄まじいものがあります…。つまり、日本人女性が綺麗=日本人女性は化粧がうまいということにもなると思うんです。

変わって海外なのですが、よくライバル視される韓国の女性も綺麗な人が多いですよね。スタイルも良いし化粧も日本人に負けず劣らずうまい!しかも、韓国は整形が一般的ですから、日本人よりも元の顔は可愛い人が多いのも事実です。そう考えると日本人女性は素の顔でよくやってるなとも思えてくる訳ですが、と言っても、中には整形をしている方も多くいると思いますのでその辺は同じなんでしょうね。

中国も綺麗な人も多いですし、やっぱりスタイルも良いです。チャイナドレスなんかスタイルが良くないと着れませんからね。日本にはスタイルを維持しないと着れない伝統衣装というものがありませんからね。着物は太っていても着ることが出来ますから…。

『美』に対する意識は国ごとに違うと思いますが、それでも日本はなかなか意識の高い国だとは思います。中国人が日本の化粧を覚えたらおそろしく可愛くなるでしょうね…。こういうもののレベルが上がるというのは男性にとっては嬉しいことですからどんどん上がって欲しいものですよね。それに比べ男性は…あまり変わっていないように思いますね。男性も頑張って欲しいものですね!