ジェルネイルを少しでも長くもたせる方法は?

せっかくのジェルネイルも、いつか剥がさなければならない時期が来ます。浮いてきてしまったり、爪が伸びてきたり、あるいは変色したりして。すごく惜しいものですよね。ジェルネイルを少しでも長くもたせる方法はないのでしょうか。実生活の中で工夫できる部分について調べてみました。まずこれは常識と捉える方もいるでしょうが、家事をする時はゴム手袋やビニール手袋をすることが必須です。炊事だけではなく、家事一般に言うことができます。爪に硬い物が触れる時にも注意が必要だからです。家事にはそのような場面がたくさんありますよね。ハンドケア用の手袋もあるので、水を使わない時はそちらを使うなど使い分けると良いでしょう。お湯に長くさらさないことも重要です。お湯はジェルを浮かせやすくする恐れがあるからです。洗顔などは冬でもなるべくお湯でなく水を使ったほうが良いでしょう。入浴時はなるべく指先をお湯につけないようにし、洗髪にはシャンプーブラシを使うことがおすすめです。後は単純に指先を使うことがダメージに直結するので、指先を使う作業をする時はなるべく道具に頼るようにしましょう。たとえば今は100円均一ショップにも缶ジュースなどのタブを開ける専用の道具が売っています。このような道具を使うことでなるべく爪へのダメージを減らすのです。