血圧は計りすぎるな

健康オタクの同志の皆さんに、今日は一つだけ注意点があります。
それは「血圧は計りすぎるな」ということです。
健康オタクを自称しておきながら、血圧を測るなとは何事だと思われるかもしれません。
しかしながら、本当にこれだけは守っていただきたいのです「血圧は計りすぎるな」と。

もちろん、定期的に1日1回ずつ測るというのでしたらいいんですよ。
特に、血圧に多少問題がある方は、継続的に計りデータを蓄積していくのはむしろ必要なことです。

しかしながら、健康オタクの方の中には、特に血圧に問題がないにもかかわらず、しょっちゅう測るような方がいます。
というか、私がそうでした。一時期、1日に5回も6回も測ったりしたんです。

なぜ、測りすぎるのがよくないかというと、精神に多大なるダメージを与えることがあるからなのです。
血圧というのは結構上下が激しいので、少し調子の悪い時や緊張している時に測ったりすると「これ大丈夫なのか?」みたいな数値が出るものなんです。
しかしながら、多くの健康オタクの方は、自分の血圧が異常値になっていること自体がストレスになります。
そして、そのストレスが血圧をさらに悪化させていくのです。

このように、健康オタクの方が血圧を測りすぎますと、いつのまにか自分の不健康を助長することをしてしまいかねません。
健康診断などで注意されない限りは、それほど血圧は測らなくても大丈夫ですので、あまり測りすぎないようにしましょうね。