キリスト教式結婚式の一般的な流れ

キリスト教結婚式のスタイルとしては、大きく分けて二種類、プロテスタントとカソリックとがあります。一般的な傾向として、プロテスタント系の場合はリラックスした感じで緩やかですが、カソリック系は厳かな進行を重んじています。
いずれも挙式は司祭者の指示で進行しますが、カソリックの場合は神父、プロテスタントでは牧師が務めます。
① 入場 司祭者に続いて新郎、その後に立会人の順が一般的です。
② 新婦入場 新婦は父親とともに入場します。
③ 讃美歌斉唱 一同で起立したままも讃美歌を斉唱します。
④ 聖書朗読 司祭者の聖書朗読を聞いて全員が黙とうします。
⑤ 結婚の誓約 新郎→新婦の順で結婚の制約をし、司祭が祝福の祈りをします。挙式のハイライトといってもいいものです。
⑥ 指輪の交換 結婚指輪を交換します。
⑦ 婚姻成立の宣言 司祭者が二人に握手をさせ、祈りを捧げて二人が夫婦になったことを宣言します。
⑧ 讃美歌斉唱と司祭者の祈り 讃美歌斉唱後、司祭者が神に、「祝福し守り導きたまえ」と祈ります。カソリック系の場合は、ここで「ミサの聖祭」の儀式があります。パンと葡萄酒を受けます。
⑨ 退場 新郎新婦が退場し、参列者が起立して拍手で送り出します。
以上がキリスト教系結婚式の流れですが、宗派によって多少流れが異なることもあります。一般的には、当事者としては、司祭者の指示に従って行えばいいでしょう。