神前結婚式の一般的な流れ

 現代ではさまざまなスタイルの挙式がありますが、一般的な神前結婚式の流れは次のようになっています。
① 入場 新郎、媒酌人、新婦、媒酌人夫人、新郎の両親、新婦の両親、新郎の親族、新婦の親族という順序で入場します。
② 修祓の儀 着席後、斎主のお祓いを受けて、お清めをします。
③ 祝詞奏上 神様の加護を願います。
④ 三献の儀 いわゆる「三三九度の盃」を交わす儀式です。神前結婚式のハイライトともいえるものです。大中小の三つ盃のうち、小盃は新郎、新婦、新郎の順で、中盃は新婦、新郎、新婦の順で、そして最後に、大盃は再び新郎、新婦、新郎という順でいずれも三度三口で飲みます。これが、三三九度のいわれです。飲むときは、二口目までは飲む形だけを示し、三度目に飲みほします。
⑤ 誓詞奏上・玉串奉奠(たまぐしほうてん) 神前に進み新郎新婦が誓詞を読み上げ、斎主が玉串を捧げます。玉串は二礼、二拍手、一礼をして戻ります。その後、指輪の交換をします。
⑥ 親族盃の儀 親族固めの盃は一同起立して三度に分けて飲みほします。
⑦ 退場 一同拝礼をして、新郎新婦、媒酌人夫妻、両親、親族の順となっています。

 神社や式場によっては多少の差異もありますが、以上が一般的に神前結婚式の流れとなっています。
基本的には、斎主や係の人が手順を指示してくれますから、それに従えばいいのですが、大人の常識として知っておくといいでしょう。シンシアガーデン 五行茶 水